2014年09月29日

SAS CRW Black-Kit 実物特集 Vol.2: SF10 Respirator

So i've done some detailed shoot for bits n pieces of my genuine SAS "Black-kit". These "Gucci-kits" from Herefordshire are, and have always been, one of the hardest to acquire militaria collectibles. The historical significance of these epoch-making kits from the very early days of Counter-Terrorism often places these unique items inside display cases at museums. As a fortunate Black-kit owner myself i felt it's my duty to share my knowledge and insight, to honor those Black-knights who wrote the every rules known in the modern day Counter-Terrorism tactics. 今回はSASの通称ブラックキット実物特集ですが、各アイテム詳細な写真を撮りましたので解説つきで紹介します。
これらHerefordshire駐屯地より流出してきた「グッチなキット」は、今も昔も最も入手の難しいミリタリアコレクタブルのひとつです。対テロの歴史そのものを体言すると言ってもよいこれらSAS CRWのエポックメイキング的な実物装備品は、資料館や博物館にも多く所蔵されているものです。幸運に恵まれたブラックキットのオウナーとしてはこれら装備品の知識や見解をシェアすることが、今日にいたる対テロ戦略のルールを書いた黒き騎士たちへ尊敬の念を示すこととなると考えます。



VOL:2 SF10 RESPIRATOR 第二回:SF10レスピレーター

AVON SF10 respirator was introduced sometime in the early to mid 90's as an improvement to the regular Army issue S10 respirators used widely in the regiment. To further go back in time, Prior to S10, the regement was using S6 respirators as appeared at the Iranian embassy siege.AVON社製SF10レスピレーターはCRWでそれまで使われていた一般歩兵用S10レスピレーターに変わって90年代初期から中期のいずれかの頃に登場した。さらに歴史をさかのぼれば、一般歩兵用S10以前はイラン大使館事件でも確認されているようにS6レスピレーターが使用されていた。


Comparing to the general issue type S10, an SF10 respirator can mount a canister on either sides of the faceplate, so that it allows a shooter to strategically switch his primary shoulder. SF10 also omits the drinking tube mechanism, and in exchange, it can fit an internal mic unit for comms as seen on my example with a LEMO 5-pin plug for use with either Racal Cougar Fistmic unit or CT401 audio harness unit. This is also a practical feature for Counter-Terrorism operations where your team communication is far more important than the NBC survival capability. CRW teams often use specially made canisters called "CT canisters" that are intentionally made for only CS/RS gas and smoke protection, thus thinner in dimensions, larger in its air-intake capacity. This makes your breathing easier when you're making high-energy-consuming maneuvers at CQB situations, needless to say,,, inside those tear-gas,heat and smoke filled buildings. 一般支給タイプのS10と比較すると、SF10レスピレーターは左右のどちらにでもキャニスターを装着できるようになっており、これは射手のプライマリーショルダーの戦術的左右スイッチングに対応するためだ。SF10はさらに従来標準装備であったドリンキングチューブ機構をオミットしてあり、その部分にマスク内臓式の無線機用マイクを仕込むようになっている。紹介している例のものがそれであり、Racal Cougar無線機フィストマイクユニットもしくはCT401 オーディオハーネスユニットに接続可能なLEMO5ピン規格のプラグつきとなっている。 この機能は、対NBC状況下での長期間サバイバルなどよりも、チーム間の無線コミュニケーション能力が重視されるべき対テロ作戦において合理的だ。 また、CRW隊員はCS/RSガスと煙にのみフィルター効果を限定したCTキャニスターと呼ばれる特殊キャニスターを使用することが多い。通常の対NBCキャニスターに比べて薄く、吸い込める空気量も大きくなることから、激しい動きを必要とするCQB状況において理想的だ。言うまでも無く、煙と熱風、催涙ガスの充満した建物内でその決戦はいつも戦われるのだ。


SF10 has flat lenses for archiving much wider surrounding view rather than "parallel-to-your center view point" bent lenses on regular S10s for aiming long distances. ( to understand this, Imagine the placements of eyes in different animal spiecies. )
SAS CRW teams are obviously among the best skilled CQB CT specialists on planet, by the moment their flashbang hits the floor and explodes, CRW assaulters are already inside the room, acquiring targets, possibly shooting at them. To take advantage of such "zero point something seconds" difference in speed, CRW assaulters, especially those who enter the room first often equip their respirators with specially made "anti-flash lenses" that are, what we civillians call "sunglasses". SF10には、比較的近距離でのより広い視界を重視して、フラットなレンズがついている。一般歩兵用のS10ではライフル射手の遠距離を狙う焦点に対しレンズが平行に向くように変形したレンズがはいっている。(これを理解するには、自然界における異なる動物の異なる目の付き方を想像してもらえればよいだろう)
SAS CRWチームは知られているとおり地球上最も高いスキルを持った対テロCQBスペシャリストである。投げ込まれたフラッシュバングが床に接地し、爆発せんとするその瞬間には、彼らはすでに部屋内部に侵入しており、索敵および射撃も開始しているとされる。CRW隊員はそのような「コンマ~秒」という時間のアドバンテージを得る為に、特に突入チーム先頭を担う者は「アンタイフラッシュレンズ」とよばれる、いわば我々一般人の言う「サングラスレンズ」をマスクに装着する。





同じカテゴリー(UK SAS CRW CT Assaulter loadout : 英軍 SAS CRW CT装備)の記事画像
SAS CRW Black-Kit 実物特集 Vol.3:Suede Assault Vests
SAS CRW Black-Kit 実物特集 Vol.1:Belt Kit
SAS CRWの貴重な流出写真の中でもさらに珍しい資料を紹介します。
SAS装備 CRW CTギア、通称''Black-Kit'' フル装備で撮影しました。Enjoy ;)
 SAS CRW Black-Kit 実物特集 Vol.3:Suede Assault Vests (2014-10-19 11:10)
 SAS CRW Black-Kit 実物特集 Vol.1:Belt Kit (2014-09-28 11:58)
 SAS CRWの貴重な流出写真の中でもさらに珍しい資料を紹介します。 (2013-12-16 23:46)
 SAS装備 CRW CTギア、通称''Black-Kit'' フル装備で撮影しました。Enjoy ;) (2013-12-16 19:47)

Posted by THE DOOR-KICKERZ  at 12:00 │Comments(0)UK SAS CRW CT Assaulter loadout : 英軍 SAS CRW CT装備

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。